「ほっ」と。キャンペーン

身の程知らずのホテル選びをしている夫婦のブログです。(^^;)


by koutatsuma

エスカヤビーチリゾート&スパ  部屋編

それでは、今日は私達が泊まった部屋を紹介します。

泊まったカテゴリーはInfinity Swimming Pool & Whirlpool Tub Villas with Sea Viewでアジアンリゾートの定番になりつつある、部屋にプールがあって海が見えるタイプです。
タイやバリにはこのタイプの部屋はよくありますが、フィリピンではこのホテルが初めてではないでしょうか。
そして、部屋の内装はアマンプロを手掛けたフィリピンのデザイナーだと聞いたので、このホテルに泊まる為に(本当はギリシャ旅行の散財で予算の関係ですが・・爆)今回のフィリピン旅行を決めたぐらい期待していました。

c0158310_1462045.jpg

部屋からプライベート・プールを眺めた様子。







c0158310_1492496.jpg

プールは3メートル×12メートル程でしょうか。

部屋の中は・・
c0158310_14122381.jpg

入口から入ったところ。

c0158310_14133383.jpg

天井は高く、フィリピン式の竹を組み合わせて作っている。

c0158310_14184118.jpg

ダブルベットは大きくもなく小さくもない程良い広さ。
テレビは韓国のサムスン製で、今リゾートホテルのお約束みたいなi-podもあります。

夜になると・・・
c0158310_142553.jpg

これもお約束のロマンチックな蚊帳が出来あがり。
新婚さんやラブラブカップルにはいいのでしょうが、私達みたいなとうが入った夫婦にはベットに入りづらく、ただ、うっとおしいだけ…(爆)

c0158310_14331263.jpg

バスルームは半オープン・エアになっていて、夜は虫が寄ってきて困りますが、お風呂に入りながら鳥の囀りや美しい虫の音を聞くのはリゾート感いっぱいでとても良かったです。
また、洗面がダブルシンクで使いやすいのもグット。(^^)V

c0158310_1436622.jpg

バスの向こうに見えるのが竹筒のシャワー。
天気も良くなく、コールドシャワーなので一回も使わず・・・


このように部屋は確かに竹をうまく利用した造りで、デザインもアジアンリゾートらしく高級リゾートホテルと言えるかも知れません。
でも、私個人の意見としてはそうは全く思えません。
その理由を挙げていくと・・・

1 チェックイン時間より早く着き、レストランで待っていたが、チェックイン時間になっても誰も呼びに来ない。しばらく待って聞きに行くと、まだ20分程待てという。
待つのは仕方ないとしてもそれを私達が聞くまで何も言ってこないのはどうだろう。

2 部屋に案内された後、荷物が一時間以上届かなかった。
これも主人がレセプションに電話しても要領を得なく、直接そちらに向かうと私達のトランクがレセプションの入口にほったらかしに・・・
それをベルボーイに言うと嫌な顔され、部屋に持ってきた。
大型ホテルならともかく、15部屋しかないのにチェックインした客の荷物をほったらかしで、こちらが言わないと持ってこないというのは信じられない。

3 部屋のデザインは良いが、メンテナンスがなってない。
バスタブの底にヒビが入ってたり、備え付けのシャワーが壊れていた。
また、プライベートプールは表面を掃除しているだけで、プールの底にグラスが落ちていたり、ご飯粒が沈んでいた。
運良く、グラスは踏む前に見つけたが、もし、踏んでいたら素足なので大怪我をするところだった。

このようなことはあくまでこの日がお正月で満室だったので、私達夫婦だけ運悪くこういう目にあったのかも知れません。
しかし、高級リゾートホテルと唱ってそれなりの料金を取っているのなら、ずさん過ぎると思いました。
期待が大きかっただけにかなり残念です・・・


最後はレストランでまたまた、は~!?という出来事が・・・・
[PR]
by koutatsuma | 2009-01-15 15:31 | フィリピン旅行  09